塚本翔太展示内容と作品紹介

ハリネズミ写真家の塚本翔太はハリジェニック展2018にて「ハリネズミの1日」をテーマにした写真を展示いたします。

ハリネズミの寿命はハッキリしていませんが、3歳〜5歳と言われる事が多いです。

それを人間の年齢で換算すると、ハリネズミの1日は人間の20日間に相当します。

と言っても、人間と同じくおはようから始まりおやすみで1日が終わるわけですが、おはようからおやすみの間には、人間の20日間に相当するくらい、ご飯を美味しく食べたり、友達と楽しく遊んだり、ストレス解消にスポーツをしたり、趣味の絵を書いたり、楽器を演奏したり、旅行に行ったり、コスプレして違う動物になりきってみたり、そんな事をしているのではないか?

いや、実際一日中ジッ...と観察してもそんな事はしていないけれど、回し車で走ったり、寝床で半目でゴロゴロしたり、床材をホジホジする行動は、一見単純だけれど、人間の感覚でいうとそれくらい楽しいのではないか?

そんな思いで「人間の20日間分くらい予定を詰め込んで遊びまくるハリネズミの1日」をイメージして構成しました。

フォトブック ¥864(税込)

さらに予定を詰め込んだフォトブックもご用意しております。


全て数量限定でのご用意となっております。

作品に関してのお問合わせは、直接作家にお寄せください。

Instagram @darcytheflyinghedgehog


皆様のご来場をお待ち申し上げます。